「始まる前は『鳥栖大丈夫か』と…」“前評判”覆した鳥栖、5位でシーズン1/3通過
拡大する(全1枚)
5位につけるサガン鳥栖

[5.8 J1第12節 FC東京 0-1 鳥栖 味スタ]

 J1リーグ戦は3分の1が終わり、決して前評判の高くなかったサガン鳥栖が5位につけている。経営危機や指揮官パワハラ問題などピッチ外のスキャンダルばかりが耳目を引いてきたが、チームは川井健太新監督のもとで魅力的なサッカーを展開中。19人もの新加入選手も順調にフィットし、AFCチャンピオンズリーグ出場権争いに割って入っている。

 この日は今季ホーム無敗だったFC東京相手に1-0で勝利。ボール保持では相手に譲り渡す時間帯が続いたものの、多くのチャンスを作りながらセットプレーで先制ゴールを奪い、“試合巧者”の顔をのぞかせながら敵地で勝ち点3を奪い切った。

 試合後、中盤の一角でフル出場したMF福田晃斗は「チームとしてはうまくいっていたかというとそういうわけではないけど、素晴らしい東京さん相手で苦しい試合は想定していた中で、粘り強く戦いながら1点取れた。難しい試合だったけど粘り強く戦えたことが要因だった」と手応えを語った。

 長いリーグ戦、全てが思いどおりにいくわけではない。福田はそうした“想定外”への対応にチームの成長を見出している。「ボランチの僕が前にプレッシングにいくことが決まりごとだったが、思っていたよりそういう状況にはいかなかったので、前半早めに気づいて、準備していたものを変えた。監督の指示を待たず、チームの中で変えられたのは成長」とピッチ内での対応力向上に胸を張った。