サウサンプトンは17日、プレミアリーグ第37節で2位リバプールをホームに迎える。相手にとって4冠が懸かる重要な一戦を前に、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督はUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)よりもプレミアリーグで優勝する方が難しいだろうと主張した。イギリス『BBC』が伝えている。

 リバプールは14日にFAカップを制し、カラバオカップに続く2冠を達成。プレミアリーグでは首位マンチェスター・シティより1つ多い2試合を残して4ポイント差となっており、リーグ戦を終えた後にはレアル・マドリーとの欧州CL決勝を控えている。

 ハーゼンヒュットル監督はリバプールが狙う残り2つのタイトルについて、次のように持論を述べた。

「プレミアリーグを制することは、チャンピオンズリーグを制することよりも難しい」

「やはり一番難しいからこそ、いまだにみんなが最も重視するタイトルなんだと思う」

「私からすると、プレミアリーグで38試合以上、常に上位にいることは、時にチャンピオンズリーグを制覇することよりも難しい」

 その上でハーゼンヒュットル監督は「彼(リバプールのユルゲン・クロップ監督)が4つ全てを狙うのは厳しいと言ったとしても、彼は優勝するチャンスを得るべく、火曜日(17日)のこの試合に勝つため全力を尽くすと思う」とリバプールを警戒。今季シティ戦での善戦を例に挙げ、今節への意気込みを示している。

「プレミアリーグにとって、このような僅差のタイトル争いは素晴らしいこと」