「およそ60メートル強のひとり旅」J2ベストゴールは山形10番MF山田康太!! J3は北九州FW高澤優也が初受賞
拡大する(全1枚)
MF山田康太

 Jリーグは17日、4月の「明治安田生命JリーグKONAMI月間ベストゴール」を発表し、J2はモンテディオ山形のMF山田康太が第10節のFC町田ゼルビア戦で決めたゴールが選ばれた。

 山田は4月17日に行われた町田戦の後半35分、味方からのスローインを自陣左サイドで受けると、そのままドリブル突破をスタート。プレスバックする相手を置き去りにしつつ、立ちはだかるディフェンダーを抜き去ると、そのまま味方を使わずにペナルティエリア外から強烈なシュートを突き刺した。

 選考委員会からは「およそ60メートル強のひとり旅。追いすがる敵、待ち受ける敵をものともせず、楽々とネットを揺らしてみせた。消耗の激しい時間帯(残り10分)にあれをやってのけるのも凄い」(北條聡委員)、「これぞ10番。1点ビハインドの試合終盤、観る者の心を震わせる圧巻の独走だった」(寺嶋朋也委員)と突破力と決定力を絶賛する声が飛び出した。

 山田は昨年6月に続いて2度目の受賞。「4月の月間ベストゴールに選出していただき嬉しく思います。このゴールは自分自身の技術と感覚、試合に勝ちたいという気持ちが全ていい方向に表れたゴールになったと思います。この試合の時のように苦しい時にチームを救えるようなプレーをシーズン中何度もできるようにこれからも頑張っていきたいと思います」と喜びを語った。

 またJ3ではギラヴァンツ北九州のFW高澤優也が4月3日のJ3第4節FC今治戦で決めたゴールで初受賞。「この度はこの様な賞を受賞出来たこと、とても光栄に思います。あのゴールは自分のプロサッカー人生でも記憶に残るゴールだったと思います。また、チームとしてのJ2復帰という目標を必ず達成できるように、自分のゴールでチームを勝たせられるように、これからも貪欲にゴールを狙っていきたいと思います」コメントした。



★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!