日本サッカー協会(JFA)は20日、6月のキリンチャレンジカップとキリンカップ計4試合に臨む日本代表メンバー28人を発表した。ドイツ・ブンデスリーガで今季29試合に出場した23歳のDF伊藤洋輝(シュツットガルト)が初招集。 DF冨安健洋(アーセナル)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF堂安律(PSV)、FW古橋亨梧(セルティック)らが復帰した。

 カタールW杯アジア最終予選が立て続けに組まれていた影響により、昨年6月以来約1年ぶりとなる国際親善試合。冬開催のカタール大会直前は各国リーグ戦スケジュールの関係で壮行試合が行えないため、とくに重要なテストマッチとなる。今回は拡大国際Aマッチウィークで4試合が可能。森保一監督は通常のベンチ入り枠23人より多い28選手の招集に踏み切った。

 前回活動のカタールW杯最終予選のオーストラリア戦、ベトナム戦からは初招集の伊藤ら8選手が追加。負傷離脱が続いていた冨安と古橋も復帰した。冨安、古橋、鎌田は昨年11月以来、堂安は今年1月以来の招集となった。またGK大迫敬介(広島)が2019年のE-1選手権以来、DF菅原由勢(AZ)が昨年5月以来の代表復帰。前回の活動を負傷で辞退したFW前田大然(セルティック)も入った。

 一方、前回の活動からはGK谷晃生(湘南)、DF佐々木翔(広島)、DF酒井宏樹(浦和)、DF植田直通(ニーム)、MF旗手怜央(セルティック)、FW