日本代表国内組は6選手、GK大迫「ずっと目指している場所。嬉しい」長友「サバイバルが始まる」
拡大する(全1枚)
DF長友佑都(FC東京)とGK大迫敬介(広島)

 日本サッカー協会(JFA)は20日、6月のキリンチャレンジカップとキリンカップ計4試合に臨む日本代表メンバー28人を発表した。国内組は6選手。GK権田修一(清水)、GK大迫敬介(広島)、DF長友佑都(FC東京)、DF谷口彰悟(川崎F)、DF山根視来(川崎F)、FW上田綺世(鹿島)が招集された。

以下、コメント

●GK大迫敬介(広島)
「日本代表はずっと目指している場所であり、選出されて嬉しく思っています。これまで積み上げてきたモノを毎日ピッチで表現し、自分の力をアピールしたいと思います。応援をよろしくお願いします」

●DF長友佑都(FC東京)
「強豪国と対戦できる貴重な機会ですし、W杯に向けてサバイバルが始まるので、東京の代表としてしっかり自分をアピールし、日本代表に貢献できるよう頑張ります」
●カタールW杯アジア最終予選特集
●カタールW杯各大会予選一覧