日本サッカー協会(JFA)は20日、オンラインで記者会見を行い、キリンチャレンジカップとキリンカップの4試合に臨む日本代表メンバーを発表した。

 メンバー発表会見では森保一監督、反町康治技術委員長が約35分にわたって質疑に答えた。要旨は以下のとおり。

反町康治技術委員長
「W杯本大会まであと半年になった。そうした意味では、これから本大会に向けての逆算、どうやって準備していくかという段階に来ている。今月末からIMDになり、パラグアイ戦、ブラジル戦、ガーナ戦、チュニジアかチリ戦。この4試合はわれわれにとって強化として最も大事になってくると考えている。コロナの状況もあるものの、お客さんの入りには制限がない。声援等は難しい状況ではあるが、できれば生でスタジアムに足を運んでいただきたい。(すでにチケットが完売の)ブラジル戦が難しいというのは聞いているが、足を運んでいただいて、応援していただければ。難しい地域もあるので、画面を通じてサムライブルーを応援していただければと思う」

●森保一監督
「サポーターの皆さんに日頃から日本代表を応援していただきありがとうございます。W杯最終予選も皆さんが応援してくださったおかげで戦い抜くことができ、本大会に駒を進めることができた。応援ありがとうございました。キリンチャレンジ杯、キリン杯、世界の強豪と試合ができることに感謝申し上げる。W杯本大会への準備となる4試合、個のレベル、チームがレベルアップできるよう、一戦一戦勝利にこだわり、チームがレベルアップできるよう戦ってまいりたい。各試合、ファンサポーターの皆さんに喜んでもらえるよう戦いたいので、応援よろしくお願いします」