アーセナルDF冨安健洋、背番号が一桁に変更か
拡大する(全1枚)
DF冨安健洋の背番号が変更か

 アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋の背番号が来季18番から2番に変更される可能性があると、イギリス『フットボール・ロンドン』が報じた。

 今季からアーセナルに完全移籍した冨安は、負傷で離脱する時期もあったが、ここまで右サイドバックを主戦場にプレミアリーグ出場21試合中20試合でスタメン起用されている。

 現在、空席となっている背番号2は、昨季までDFエクトル・ベジェリンが着けていた。今季はベティスに期限付き移籍し、来季に向けて完全移籍の話が進んでいるという。一方、マルセイユにレンタル中のDFウィリアン・サリバが復帰する場合、冨安と同様に2番候補の1人となるようだ。

 そうした中でも同メディアは「しかし、2番はファーストチョイスの右サイドバックに最適な背番号として広く知られている。タケヒロ・トミヤスは昨夏にボローニャから移籍してきた際に18番を着用しており、アップグレードを検討すべき選手であることは間違いないだろう」との見解を示した。
●海外組ガイド
●プレミアリーグ2021-22特集