[5.25 J1第15節 札幌 1-6 柏 札幌ド]

 Jリーグは25日に各地で第15節を開催した。5位柏レイソルは敵地で8位北海道コンサドーレ札幌と対戦し、6-1で勝利。ここ3戦無得点だった柏がゴールラッシュで勝ち点3を積み上げ、4位に浮上している。

 2連勝を狙う札幌と、4試合ぶりの勝利を目指す柏の一戦は、前半10分に札幌にアクシデント。同6分にMF福森晃斗が柏FW小屋松知哉に渡ったボールを奪いに行くと、ボールとは関係のない左足ふくらはぎにスパイクの裏が入ってしまう。VARの助言を受けた岡部拓人主審はオンフィールドレビューの結果、福森にレッドカードを提示。札幌は開始早々に10人での戦いを強いられた。

 すると、数的優位となった柏が先に試合を動かす。前半15分、ボックス内でボールを受けたFW細谷真大がシュートを放つも、ここは札幌DF中村桐耶のブロックに遭う。それでも、そのこぼれ球をDF高橋祐治がミドルレンジから右足一閃。味方選手がブラインドとなり、GK中野小次郎は弾き切ることができなかった。

 先制に成功した柏はさらに攻め立てる。すると前半26分に追加点が生まれた。右サイドをMF大南拓磨が攻め上がると、ボックス内に侵入し、グラウンダーのクロス。ニアサイドに走り込んだ小屋松は打ち切ることができなかったが、ゴール前に流れたボールに細谷が合わせてネットを揺らした。

 前半を2-0で折り返した柏は、後半も攻撃の手を緩めない。後半9分にはハーフライン付近で相手のボールを奪うと、小屋松のスルーパスに抜け出したMFマテウス・サヴィオが中野との一対一を冷静に沈めて追加点。後半13分にはボックス内でサヴィオから横パスを受けた小屋松が相手を1枚交わして左足でゴール左に流し込んだ。