Jリーグは26日、2021年度クラブ経営情報開示の先行発表を行った。3月決算の3クラブ(柏レイソル湘南ベルマーレジュビロ磐田)を除く54クラブの決算が開示がされた。

 営業収益は54クラブ合計で前年比115%の1,147億円となり、2019年度比93%で「コロナ前の規模に戻りつつある」とJリーグ。一方、そのうち入場料収入は19年度比53%にとどまっており、回復の遅れが目立った。また営業費用は54クラブ合計で前年比105%の1,204億円。2019年度比97%で、コロナ前の規模に戻ってきている。

 単年度赤字のクラブは昨年度から14クラブ減り、20クラブ。北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台FC東京横浜FC名古屋グランパスセレッソ大阪アビスパ福岡サガン鳥栖大分トリニータ水戸ホーリーホックザスパクサツ群馬東京ヴェルディレノファ山口FCFC琉球福島ユナイテッドFCアスルクラロ沼津FC岐阜ガイナーレ鳥取カマタマーレ讃岐ロアッソ熊本が該当した。

 また債務超過は仙台、名古屋、C大阪、福岡、鳥栖、東京V、山口、福島、沼津、鳥取の10クラブ。昨年度と同じ数だが、新たに名古屋、福島、沼津が加わり、ブラウブリッツ秋田Y.S.C.C.横浜AC長野パルセイロは債務超過を脱した。

■債務超過
ベガルタ仙台(▲2億6500万円)
名古屋グランパス(▲2億9600万円)
セレッソ大阪(▲12億400万円)