[6.3 モーリスレベロトーナメントC組第2戦 U-19日本 0-0(PK0-3) U-21コモロ フランス]

 U-19日本代表は3日、モーリスレベロトーナメントC組第2戦でU-21コモロ代表と対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアが動かずに0-0のままPK戦に突入し、0-3で敗れた。日本は6日の第3戦でU-19コロンビアと対戦する。

 今大会は90分勝利で勝ち点3、PK勝ちで同2、PK負けで同1を獲得し、90分負けは同0となる。

 31日の第1戦U-21アルジェリア戦で1-0の完封勝利を収めた日本は、先発5人を変更。4-2-3-1のシステムを採用し、GKに木村凌也(日本大)、最終ラインは右からキャプテンマークを巻くDF中野伸哉(鳥栖)、DF菊地脩太(清水)、工藤孝太(浦和)、DF松田隼風(水戸)、ダブルボランチにMF福井太智(鳥栖U-18)とMF山根陸(横浜FM)、2列目は右から屋敷優成(大分)、FW中村仁郎(G大阪)、FW高橋センダゴルタ仁胡(バルセロナ)が配置され、1トップにFW横山歩夢(松本)が入った。

 第1戦のアルジェリア同様、U-21代表で今大会に出場しているコモロは、U-19代表で出場している日本にとって年上。フィジカルやスピード、パワーで勝る相手になかなか攻撃の形を作れない日本は、前半17分に危機を迎える。PA外からMFアーメドに枠を捉えるシュートを放たれるが、アルジェリア戦で好守を連発した木村がきっちりと弾き出してゴールを守った。