[6.14 キリン杯決勝 日本0-3チュニジア パナスタ]

 日本代表を3-0で下し、キリン杯優勝を飾ったチュニジア代表のジャレル・カドリ監督が試合後の公式会見に臨み、「チュニジアのほうが戦略的に良い作戦で臨めたのではないかと思う。忍耐を要する試合だったが、それぞれの局面で選手たちがどうすべきか分かっていたことが勝利の理由だったと思う」と胸を張った。

 前半の途中から日本がボールを保持し、チュニジアを押し込む展開が続いたが、粘り強く耐え、後半に日本のミスを突いて得点を重ねた。「チュニジアは秩序立った守備ができる。そこが私たちの強さだと思う」。日本にボールを持たせながらも、MF遠藤航ら中盤にパスが入ると厳しく寄せ、効果的な崩しをさせなかった。「日本は中盤で早いボール回しができる。それを許してはいけない。中盤でスペースを与えないことに留意して臨んだ」と話したように、狙いどおりの守備だった。

 先制点のPKは最終ラインからのロングボールにDF伊藤洋輝がかぶり、FWタハ・ヤシン・ケニシが抜け出したところをDF吉田麻也がファウルした。2点目もGKが蹴った長いFKに日本の吉田とGKシュミット・ダニエルがお見合いする形からだった。

「私たちは日本チームをよく研究してきた」。そう力説するカドリ監督は「日本の強いところとして、守備から攻撃に移るのが速い。もし日本に弱点があるとすれば、それは守備であって、ディフェンスは難しい状況に置かれるとミスをする。ボールを裏に付ける。そういったことを意識した」と、狙っていた形だったことを明かした。

(取材・文 西山紘平)
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送