日本代表MF堂安律(PSV)が19日、東京都の恵比寿ガーデンプレイスで行われたキッズイベント「『ROAD TO Dream』~堂安選手と夢を叶えるワークショップ~」に出席し、子どもたちと15年後までの夢を描いたロードマップ「夢の宣誓書」を製作した。堂安は「簡単な夢じゃないから面白い。夢に向かって頑張ってほしい」とメッセージを送った。

 ワークショップには大丸松坂屋カードVISA会員家族の小中学生11人が参加。それぞれ将来の夢と、3年後、6年後、9年後、12年後、15年後の目標を描いた「夢の宣誓書」を持参した。センター広場には大勢の来店客が詰め掛ける中、壇上でそれを読み上げると、堂安が一人一人の宣誓書にメッセージを書き込んでいった。

 子どもたちからは「日本代表で大活躍したい」「プロのコーチになりたい」「バロンドールを受賞したい」といった夢が語られ、堂安からは「願いは叶う!」「ネイマールを超えろ!」「人と同じことはするな。スペシャルであれ!」と熱い言葉。また「食糧不足を解決する発明をしたい」「医師として苦しむ人を救いたい」といった夢も登場し、「世界を救ってほしい」「日本代表ドクターとして一緒にW杯優勝を目指そう」とメッセージを送っていた。

 さらに「美味しいフレンチトーストが食べられるドッグカフェを開きたい」という堂安ファンの女の子には「僕もフレンチトーストが好きだけど、いまは食べるのを我慢しているので、引退後に通います」と温かい言葉。最後には全員に向けて「こんなにたくさんの人の前で夢を語って、それだけで夢に一歩近づいたと思う。見に来た方々も元気をもらったと思うし、僕もエネルギーに変えて試合を頑張りたい」と決意を語った。

この記事の画像

「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像1 「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像2 「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像3 「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像4
「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像5 「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像6 「堂安律が子どもたちに語った“15年後への夢”「2度目のW杯に向けて10番を背負う」「ガンバ大阪にタイトルを」」の画像7