23日、ナイキは「マーキュリアル」シリーズの最新作『エア ズーム マーキュリアル』を発表した。

 ナイキ「エアズーム マーキュリアル」は、現代のサッカープレーヤーのために一から作ったフルモデルチェンジのマーキュリアルだ。ローカットの「ヴェイパー15」、ハイカットの「スーパーフライ9」が登場する。

サッカースパイクに「エア」が搭載
 ランニングシューズで採用されてきた「ズームエアバッグ」がついにサッカースパイクに搭載された。プレートの中に内蔵された足底の4分の3をカバーするズームエアバッグは、足と地面との距離を近づけ、これまで以上の優れた弾み、推進力やエネルギー リターンを提供する。またズームエアバッグには自然な動きを促す屈曲溝が採用され、ダイナミックな動きに必要な足の屈曲性を高めている。わずか4.85mmの厚さを実現し軽量性にも貢献するサッカースパイク専用の新機能だ。

新スタッドはトライスター+ブレード
 スタッドには、前作のV字型からトライスター(三ツ星型)のスタッドパターンに大きく変更された。横の動きやあらゆる方向へ動きの速さを高めるために三ツ星型のスタッド、横方向にブレード型のスタッドが特徴的だ。

進化したフライニットアッパー
 アッパーにはヴェイパーポジットを進化させた新しい素材を用いている。新たなヴェイパーポジット+ アッパーは、グリップ性を高める逆V字のメッシュの下に、高速の動きでもボールコントロールを助けるフライニットの裏打ち素材を組み合わせている。横へ高速移動する際の安定性をサポートし、スパイクに足が固定されるようなフィット感を実現した。大きくデザインされた「AIR」の文字と、その中に細かく表記されている「マーキュリアル」ロゴがホワイトカラーベースのアッパーに映える。