日本の男性アナが海外の報道に困惑「私、ブンデスリーガと契約してたのか…?!」
拡大する(全1枚)
日本の男性アナが困惑

 ニッポン放送のアナウンサーを務める吉田尚記氏が6日に自身のツイッター(@yoshidahisanori)を更新し、海外メディアの報道に戸惑いを示した。

 前日5日、サンプドリアを退団したDF吉田麻也シャルケ加入が決定。インド『エクスプレス・スポーツ』の公式ツイッター(@IExpressSports)がこのニュースを伝えたところ、 吉田麻也を示すアカウントが「@MayaYoshida3」ではなく、同じ名字の吉田尚記氏の「@yoshidahisanori」となっていた。

 吉田尚記氏は同投稿を引用ツイートし、「私、ブンデスリーガと契約してたのか…?!」と困惑。「おそらくインドの公式マークのついたメディアに、アカウント間違えられてますね…!!」と指摘した。

 フォロワーからは「笑った」「これ…チャンスでは…w」「ブンデスリーガの実況する伏線…?w」「番組組んでもらいましょう!(笑)」などのコメントが寄せられている。

 現在46歳の吉田尚記氏は1999年にニッポン放送へ入社。ラジオアナウンサーの枠を超えて多方面で活躍し、“日本一忙しいアナウンサー”として知られている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2022-23特集