[選手権]交代後に悪夢の逆転負け…星稜MF寺村「受け入れるしかない」

[選手権]交代後に悪夢の逆転負け…星稜MF寺村「受け入れるしかない」
[1.13 全国高校選手権決勝 富山一3-2(延長)星稜 国立]

 一つの交代が流れを変え、明暗を分けた。終盤まで2−0とリードし、初優勝が手の届くところにあった星稜(石川)は後半41分、MF寺村介主将(3年)をベンチに下げ、MF稲垣拓斗(3年)を投入した。

 キャプテンとして、精神的支柱としてチームを引っ張ってきた寺村の交代。その直後の後半42分に1点を返されると、試合の流れは完全に富山一(富山)に移った。後半アディショナルタイムにPKで2−2の同点に追いつかれると、延長後半9分に逆転ゴールを献上。2点リードをひっくり返され、まさかの準優勝に終わった。

 河崎護監督は寺村の交代について「選手の疲労度があって、2人を代えたが、そのタイミングで流れが変わったのかなと、ちょっと反省している」と、“采配ミス”を暗に認めた。「結果的にあの交代には疑問が出るかもしれないが、疲労度を見ても、いつもの頑張りがあの時間帯はなかった。それでも結構引っ張った」。決断に至るまで悩んだ心境を語り、「彼の場合、体力がなくても、気持ちはずっとあるし、声をかけられる。ただ、交代で出る選手には、ラスト5分で試合を終わらせるプランをすべて持たせて入れた」と説明。あの時点では最善の策だったと強調した。

 サッカーに“たられば”は禁物とはいえ、もしも寺村がピッチに残っていれば、たとえ1失点してもチームメイトにゲキを飛ばし、踏みとどまれたかもしれない。河崎監督が「このチームがここまで来れたのは彼のおかげだと本当に思っている」と感謝した10番は、試合終了のホイッスルが鳴ると、ベンチ前で呆然と立ち尽くしていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年1月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら