[MOM971]富山一DF竹澤昂樹(3年)_大観衆の視線を釘付けにした163cmの名手

[MOM971]富山一DF竹澤昂樹(3年)_大観衆の視線を釘付けにした163cmの名手
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.13 全国高校選手権決勝 富山一3-2(延長)星稜 国立]

 試合終盤、ボールを持つたびに国立の大観衆の視線が富山一の背番号3に釘付けになっていた。「アイツが何かするぞ!」という期待感。ドリブルで仕掛ければDFの網を破り、前を塞がれてもDFを引きつけて巧みにギャップへ落とすパスで決定機をもたらす。そして左サイドから再三放たれる質の高いクロスボール。0−2の残り3分から同点に追いつき、逆転勝ちした富山一の立て役者は間違いなく左SB竹澤昂樹(3年)だった。

 後半42分には左オープンスペースへの絶妙なフィードで追撃ゴールの起点となると、その後ベンチの指示もあって左SBからポジションを中盤へ上げ、攻撃参加する回数を増やす。チームはこの「突破口」を頼って左サイドへボールを集めていた。

 ただ、慌ててクロスを放り込んだり、強引な突破を仕掛けることはしない。重圧を楽しむかのようにゆっくりとボールをコントロール。対峙したDFに対し、上体のフェイントを入れたり、ボールをDFにさらして飛び込んできたところをかわそうとしたり、しっかりとマークを外してから同点機を作りだそうとした。

 そして後半アディショナルタイムだ。右サイドでチームメートたちがボールをつなげると、中央のMF川縁大雅(3年)にボールが入った瞬間、大声でボールを要求する。シュートの選択肢もあった川縁だが、「タケ(竹澤)めっちゃ声だしていたんで、彼に託しました」と竹澤の前方へのラストパスを選択。これに鋭く走りこんだ竹澤は「縦へ抜けようと思った。正直記憶がないんですけど、コケたという感じで、笛を吹いてもらった」とDFに足をかけられてPKを獲得し、チームに起死回生の同点ゴールをもたらした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
ゲキサカの記事をもっと見る 2014年1月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら