カシージャスが忘れられないアラゴネス氏の言葉…レアルを代表し哀悼の言葉

カシージャスが忘れられないアラゴネス氏の言葉…レアルを代表し哀悼の言葉
 レアル・マドリーのスペイン代表GKイケル・カシージャスが、1日に亡くなった前スペイン代表監督のルイス・アラゴネス氏に哀悼の言葉を捧げた。

 2日のビルバオ戦に向けた前日会見に出席したカシージャスは「トップチーム、スタッフを代表して、ルイス・アラゴネスの家族に心からお悔やみ申し上げます。安らかに眠られることを願っています。家族、スペインサッカー、すべてのチーム、特にアトレティコ・マドリーの人々に心からお悔やみを申し上げます」と、追悼の言葉を述べた。

 現役時代にはA・マドリーで通算123得点を記録するなどストライカーとして活躍したアラゴネス氏。引退後はA・マドリーやバルセロナで監督を務め、04年にスペイン代表監督に就任すると、EURO2008で44年ぶりの優勝に導くなど黄金期の礎を築いた。

「スペインサッカーの歴史を変えた人物だった。そのことに関して全員が感謝をしないといけない。(アラゴネス氏の後を継ぎ、10年W杯、EURO2012で優勝した)デル・ボスケ自身も彼の残した遺産にいつも感謝していた。ルイスはスペインサッカーを良くするために一つの賭けをしたし、ある日、いくつかの決断を下した。2008年、彼が自分たちに与えてくれたものに感謝しないといけない。その決断ですべてが変わり、そこから多くのものを獲得した」

 アラゴネス氏に言われた言葉で、カシージャスには忘れられない言葉があるのだという。

「アラゴネス監督の初戦、カニサレスを起用したので、僕は少し悲しかった。彼はいつも裏表がない。僕に『どうした?』と聞いてくれたし、『牛が電車を見るような感じで物事を見るな』と話してくれた。その言葉は自分の心の中に残った。僕にとって特別な人だった」

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月2日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。