《最低な事があろうとも、大丈夫。君の価値は変わらない》


 22日、自身のXでこう投稿したのが、俳優の岡田准一(43)。

岡田は21年11月に所属していたアイドルグループ「V6」解散後、ソロとして活動。23年11月末、旧ジャニーズ事務所を退所し、12月1日に個人事務所「AISTON」を設立している。今年2月から運用を始めているXのフォロワー数はすでに25万人に迫っている。


 仕事の告知にしても通り一辺倒なお知らせではなく、撮影秘話を差し込むなど、岡田自身が言葉をチョイスして投稿している様子が伝わってくる。そして、たびたびポストしている人生訓が、《元気づけられる》《深い》《岡田君の言葉で今日も頑張れそうです》とファンから評判になっているという。
 
《まずは一つ目の山を越えた、でもまだまだ山はたくさん。

できるのかギリギリなのもいい。みんなで全部乗り越えれたら嬉しいだろうな。宝物は過酷な奥地にある。突き進む》(18日のポスト)


《新社会人の方へ 容姿ではなく取り組む姿勢をみる 顔でなく顔つきをみて、充実さをはかり 言葉ではなく行動をみて、人柄を感じ 笑顔ではなく笑い方をみて、心をのぞき 華やかな栄光ではなく今までの苦労を見て生き様を知る。 目標となる人を見つけてね応援してます。》(1日のポスト)


■本格復帰が期待される妻・宮﨑あおいとの関係


 岡田自身が主演、プロデューサー、アクションプランナーを務めるNetflixシリーズ「イクサガミ」の配信を控えるなど、独立後も好調な俳優業のほか、昨年8月にはブラジリアン柔術の大会「ワールドマスター2023」に俳優の玉木宏(44)と出場するなど、ライフワークの柔術にも熱心な様子だ。


ジャニー喜多川氏の性加害問題で揺れた旧ジャニーズ事務所を飛び出したことで、活動の幅が広がっています。得意のアクションのほか40代になって渋味も増してきている印象です」(女性週刊誌記者)


 17年の年末に結婚した宮﨑あおい(38)との関係も良好だという。
 
「2人の交際が発覚した際、略奪などと言われ結婚がマイナスにとられたこともありましたが、今はその印象も薄れ、公私ともに順調なようです。結婚の翌年に誕生した長男の子育てに比重を置いていた宮﨑もマクドナルドのCMに出演するなど、女優業の本格復帰が期待されています」(芸能ライター)


 そして、岡田がXでときおり投稿する言葉の数々が、疲れた人たちを癒やしているという。
 
「ジャニーズ時代は自由に発言することができなかった分、今では自らの言葉でファンにメッセージを伝えられるようになり、アイドル時代にはなかった新たな魅力を発信できています」(前出・女性週刊誌記者)


 “芸能界の相田みつを”と言われる日も近い?