香川照之(58)が銀座のクラブホステスに対する性加害騒動で一切のテレビから消えたのが、2年前の2022年の8月。その後は、歌舞伎俳優・市川中車として糊口をしのぐ日々を送っていたが、そんな香川に願ってもない機会が訪れようとしているようだ。

キー局ドラマ関係者はこう話す。


TBSが香川に対し、出演を打診したという話です。香川とTBSの結びつきは古い。騒動の前までは、人気ドラマ『半沢直樹』シリーズ以降、TBSのVIP俳優というポジションを与えられていましたから」


 今回、TBSが香川にオファーしたのが、19年に木村拓哉(51)が主演し大ヒットを記録したドラマ「グランメゾン東京」。このスペシャルドラマが12月に放送され、続編となる劇場版が25年1月に公開される予定なのだが、今回、香川はこの2作品に出演するのでは……という話がテレビ業界で飛び交っているという。


「主演の木村にTBSが香川の出演を打診し、木村も承諾したと聞いています。

木村と香川は、映画『HERO』(07年)、ドラマ『MR.BRAIN』(TBS系、09年)、『南極大陸』(TBS系、11年)、ドラマスペシャル『宮本武蔵』(テレビ朝日系、14年)、『アイムホーム』(テレ朝系、15年)などで数多く共演している。木村は俳優として香川を尊敬しプライベートでも仲がいい。共に“テルさん”“タク”と呼び合う関係なんです。今回、香川が俳優活動の自粛を余儀なくされた時も連絡を取り合っていたといわれています」(前出の関係者)


 香川が窮地に陥った今、木村は自身の代表作である「グランメゾン東京」で、批判を恐れることなく復活の場を提供しようというのか。ただ、最終的な結論はまだ出たわけではない。別のドラマ関係者の話。


「TBSの編成や営業、木村サイドなどあらゆる関係者と調整が行われているようです。いずれにせよ、話がまとまった場合、SPドラマ版で香川が登場するのは最後の一瞬だけになりそうです。メインは劇場版。やはり性加害問題がネックになっている。今回、オファーされている香川の役どころは莫大な資産に物を言わせコロナで傾いてしまった木村の店を強引に買収しようとするIT長者役だというのですが……。香川サイドに断る理由はないでしょう」


 果たして香川と木村の再共演は実現するのか。