まさに「破竹の勢い」と言っていいだろう。このところ大活躍の見上愛(23)。

現在、赤楚衛二(30)主演の連ドラ「Re:リベンジ―欲望の果てに―」(フジテレビ系=木曜夜10時)に、出版社の記者・木下紗耶役で出演中。さらに吉高由里子(35)主演のNHK大河「光る君へ」にも藤原道長(柄本佑)の長女・彰子役で出演。すでに《彰子さま、可愛い》などと注目を集めている。


「WOWOWで6月から放送予定の亀梨和也さん主演の連ドラ『ゲームの名は誘拐』にもヒロインの樹理役で出演。さらに今月10日に公開された映画『不死身ラヴァーズ』では初の映画単独主演を果たしています。女優デビューは2019年とまだキャリアは浅いのに、破竹の勢いですね」(エンタメサイト編集者)


 2024年1月期の奈緒(29)と木梨憲武(62)ダブル主演の連ドラ「春になったら」(フジテレビ系)でも、奈緒の親友役でレギュラー出演。

ドラマや映画だけではなく、飲料や食品、それにJRAなど幅広いジャンルのCMにも起用されている。


 芸能ライターのエリザベス松本氏は「見上さんの存在をはっきりと認識したのは、2021年4月期にNHKよるドラ枠で放送された吉田羊さん主演の『きれいのくに』。何とも不思議なムードが漂う実験的な作品でしたが、その中で強い存在感を放っていたのが見上さん。まさに《彗星の如く現れた》という印象を持ったことを覚えています。クールで個性のある顔立ちがドラマのテーマに非常に合っていました」と話す。


 実際、見上は「きれいのくに」以降、一気に露出が増えた印象がある。


「見上さんにはデビュー当時からネット上で《小松菜奈にそっくり》という声がありました。涼し気な目元は確かによく似ていますね。すでに演技力は申し分ない見上さんですが、『Re:リベンジ』での赤楚さんとのやり取りなんかを見る限りコメディーセンスもありそうです。地上波でヒロインを務める日はもう近いと思いますが、今後は《小松菜奈似》なんて声をいかにして払拭するかが、さらなる躍進のキーになるような気がします」(エリザベス松本氏)


 確かに、検索サイトで《見上愛》と入力すると、《小松菜奈そっくり》というサジェストが上位に出てくる。


福士蒼汰さんと中川大志さん、宮崎あおいさんと二階堂ふみさん、安藤サクラさんと江口のりこさんなど《そっくり》《見分けがつかない》と言われてきた芸能人はたくさんいます。でも、名前を挙げた人たちは、今はもう誰もがはっきりと見分けがつくほどの存在感を発揮しています。

そういう話題が出るのは見上さんが売れてきた証で、その“壁”を乗り越えると俳優としてさらに確固たる地位を築けるのかな、と」(女性誌編集者)


《イマっぽいオシャレ顔》などと女性の支持率も高い見上。今は枕詞のようになっている《小松菜奈似》《小松菜奈風》のワードが取れる日はそう遠くないだろう。