元乃木坂46松村沙友理(31)の熱愛発覚が話題となっている。


「FLASH」が伝えるもので、丸の内の企業に勤務するサンドウィッチマン富澤たけし似のサラリーマンと、男性のマンションで半同棲状態にあるという。

同誌の直撃に対し本人は、「(同棲は)そこまででも全然なくて。結婚ですか? まったくそんな段階でもない感じです。今はお仕事頑張りたいモードなので~。見守っていただけたら……」と答え、所属事務所も、「プライベートは本人にまかせておりますが、さゆりんごの活躍を温かく見守ってください」と否定しなかった。


 さゆりんごを巡っては、乃木坂在籍時の2014年、当時、集英社「ヤングジャンプ」の妻子あるグラビア担当編集者S氏と“路チュー写真”が週刊誌にスッパ抜かれた。


「当時、業界は大騒ぎとなり、集英社上層部は乃木坂46が所属するソニーなど謝罪行脚に奔走しました。

S氏はすでに集英社を退社しています」(グラビア誌関係者)


 その後、21年に乃木坂を卒業すると、22年3月は、YouTuberのヒカル(32)との熱愛が報じられた。ヒカルは動画の中で交際を認めたが、22年9月の動画では破局を報告していた。


 今回の熱愛を伝えるニュースのコメント欄には、「前の人よりは良さそう」「アイドルからも卒業して、恋愛も自由になったわけだし、そろそろ熱愛が出てもおかしくないと思う」などと好感を持って受け入れられている。


 さらに、記事によれば、直撃した同誌のカメラマンに対し、「かわいい写真撮ってください! ちょっと1回ポーズを取ってもいいですか?」と答えるなど、“らしさ”全開。


「プロアイドルヲタク」のブレーメン大島氏はこう話す。


「まるでアントニオ猪木が新宿伊勢丹前でタイガー・ジェット・シンに襲撃された際、一番いいアングルで写真を撮らせた時のようです(笑)。

彼女は、自己プロデュースの塊なんですよ。デビュー当初から見ていますが、卒業後は、“ぶっちゃけキャラ”も強まってきて、ある意味、プロレスラー気質がありますからね。確かに惚れっぽい性格なのかもしれませんが、“天然”というのとは一味違う。ある意味、令和の“シン・さとう珠緒”なんですよ。それでいて、あのホンワカした雰囲気ですから、いつまでたっても男たちは放っておけないんでしょう」


 さゆりんごのモテっぷりはまだまだ続きそうだ。