世界的アクションスターのジャッキー・チェン(70)が先日、公開中の主演映画「ライド・オン」のプロモーションのために13年ぶりの来日を果たした。


「ジャッキーは3日連続で都内の劇場で舞台挨拶を行い、かなりの上機嫌でした。

興行成績は伸びていませんが、多くのジャッキーファンがリピーターになっているそうです。ジャッキーによると、すでに同作を含めて5本の撮影をこなしているというのでまた来日する機会はあるでしょう」(映画ライター)


 日本に多くのファンを抱えるジャッキー。実は、目をかけていた日本人タレントとの映画企画を画策したものの、頓挫したことはあまり知られていない。


「2006年1月、突如、ジャッキーの会社がマカオにニューオープンしたホテルで会見し、当時『タッキー&翼』として活躍していた滝沢秀明(現在は芸能事務所・TOBEの社長)と『ジャッキー&タッキー』としてのダブル主演映画プロジェクトを発表。滝沢氏の舞台を見てほれこんだジャッキーが事務所社長だったジャニー喜多川氏にオファーしたそうです。ところが、最終的にはジャニー氏が企画を気に入らずに頓挫してしまったのだとか」(スポーツ紙映画担当記者)


 今や社長の座に就いたタッキーならジャッキーとの“共演”もある!?