時速280キロ “浪速の暴走狼”を直撃すると「暇やったから」

時速280キロ “浪速の暴走狼”を直撃すると「暇やったから」
300キロで走行したGT-R(ユーチューブから)
 日産自動車の「GT―R」で自動車専用道路を時速280キロで走行したとして、大阪市城東区の自称投資家、川西智弘容疑者(35)が5日、大阪府警城東署に道交法違反(速度超過)の疑いで書類送検された。

 川西容疑者は1月12日午前4時10分ごろ、東大阪市の自動車専用道路「第2阪奈道路」を法定速度の時速60キロを220キロ上回る280キロで運転し、その様子をユーチューブに投稿。リミッターを外してナンバーを折り曲げ、テープで固定し、スタートしてから4秒で100キロを計測、13秒で200キロに達し、29秒で300キロを記録した。

 調べに対し、「10回以上違法走行をした。車の性能を試し、他人に見せたかった」と供述しているという。これ以外にも猛スピードでパトカーの追跡を振り切ったり、パトカーを後ろから抜き去ったり、信号無視をする動画を投稿。

 川西容疑者は13年前にもナンバープレートを外した車で阪神高速環状線(法定速度60キロ)を時速約180キロで繰り返し走行。別の車で速度超過をした際、写ったオービスのナンバーと顔から週に数回、暴走行為をしていることが判明し、逮捕されている。当時、新聞には「浪速の暴走狼」という見出しが躍った。

 川西容疑者は速度超過とナンバー隠蔽に加え、仮ナンバーの跳ね上げや無車検、無保険、ナンバーを付けずに走行したとして道路運送車両法違反など計5件の容疑で送検された。

「5月28日、府警のHPに動画を見た人から情報提供のメールが匿名で届いた。誰が運転しているか特定せなアカンいうことで捜査を進めとったら、川西容疑者が浮かび上がった。そんで追い掛けとったところ、7月にナンバーを付けずに走っとったんで、8月に逮捕して話を聞いたら容疑を認めたんや」(捜査事情通)

あわせて読みたい

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る
「時速280キロ “浪速の暴走狼”を直撃すると「暇やったから」」の みんなの反応 18
  • 匿名さん 通報

    自身が死のうが怪我しようが感知するところではないが他人を被害を与えるような行動は許しがたい。ドイツの様に生涯免許を取得させないような法改正が必要かも?

    12
  • NASA 通報

    そんなに好きなら、NASAの遠心力鍛える、グルグル回るヤツに一生乗ってろ。

    9
  • 匿名さん 通報

    こんな奴でも免停にしないとは日本の法律も大したことない

    6
  • 匿名さん 通報

    トラックにリミッター付けたり原付30km規制しておいてバランス悪すぎる。スポーツカーにも馬力規制すべし。フルパワー車は違法改造車扱いで取り締まれ。

    3
  • 匿名さん 通報

    車とか関係なく人間性の問題。恐喝・傷害もついてるんじゃどうしようもない。つまらない人生だね、可哀想に。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。