元大食い女王 還暦を越えて“食欲”に変化

記事まとめ

  • 「元祖!大食い王決定戦」での男勝りの食いっぷりで“女王”と呼ばれた赤阪尊子さん。
  • 番組では、30分で寿司62皿、わんこそば470杯、寿司細巻き6メートルなどをたいらげた。
  • 63歳になった赤阪さん。現在は「さすがに還暦を越えてるから10杯も20杯も食べられへん」と語った。

元大食い女王・赤阪尊子さん 還暦を越えて“食欲”に変化が

元大食い女王・赤阪尊子さん 還暦を越えて“食欲”に変化が
右は「大食い選手権」の司会を努めた中村ゆうじさんと(95年)/(C)日刊ゲンダイ
【あの人は今こうしている】

 テレビ東京系の人気番組「元祖!大食い王決定戦」には数々の女性フードファイターが登場し話題となった。本日登場の赤阪尊子さん(63)もそのひとり。男勝りの見事な食いっぷりで“女王”と呼ばれたものだ。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「だんじり祭」で知られる大阪府岸和田市。赤阪さんと待ち合わせたのはJR東岸和田駅そば、セルフタイプの和風レストランだった。

「自宅のそばやから、よく来るんです。普段は自炊やけど、気軽に外食っていうとココなのよ」

 ランチを食べながらの取材となったが、あれれ? 赤阪さん、サケとイクラの親子丼並盛りに味噌汁、おでん2個しか取らない。それは前菜?

「今はこれで十分。さすがに還暦を越えてるから10杯も20杯も食べられへん」

 お馴染みのドングリ眼を細め、人の良さそうな表情。見るからに大阪のオバちゃんだ。

「そうでしょ。ちょっと食べる量が多かっただけなのよ。アハハハ」

 いやいや、“ちょっと”でしたっけ? すぐに思い浮かぶだけでも、30分で寿司62皿、わんこそば470杯、寿司細巻き6メートル……。

「普通サイズのシュークリームを5分で100個って記録もありますよ。スイーツ系なら、2000年の『早食い世界一決定戦 in NY』。7キロのホールケーキを私だけが完食したのも懐かしいわあ。その時はトータルで3位やった」

 参りました。ところで、今は何を?

「89歳になる母の面倒を見てます。少し前まで生命保険のセールスレディーをしてたんやけど介護のために辞めました。収入? 母の年金と所有する一戸建ての賃貸料・月7万円が全て。不足分は貯金を崩しながらなので贅沢はできません」...続きを読む

あわせて読みたい

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年2月11日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。