外回り中にわいせつ行為 兵庫ロリコン銀行員は余罪10件超

外回り中にわいせつ行為 兵庫ロリコン銀行員は余罪10件超
神戸が本店のみなと銀行(C)共同通信社
「ちょっとやりたいことがあるので、カギを開けてね」

 配達員を装ったロリコン銀行員は、外回りの営業中、インターホン越しにこうささやき、留守番をしている女児に玄関のカギを開けさせ、わいせつ行為をしていた。

 強制わいせつと住居侵入の疑いで5日、兵庫県警捜査1課と宝塚署に再逮捕されたのは、みなと銀行(神戸市)の元行員で、同県川西市の山本隼人容疑者(31=県迷惑防止条例違反で起訴)。1月18日午後、山本容疑者は同県西宮市で塾帰りの小学3年の女子児童(8)の後をつけ、カギを開けて自宅に入るところを確認。配達員のふりをして家に入り、玄関口で女児の体を服の上から触り、「スカートをめくって」と言って、露出させた下着の上から尻をなで回した。女児は帰宅した両親に被害を訴え、警察が捜査をしていた。

 調べに対し山本容疑者は、「女児を触っていると満たされる」と供述している。付近では、同様の被害が10件以上報告されていて、宝塚署は今年2月5日にも、山本容疑者を強制わいせつの疑いで逮捕していた。

「靴に何かついてるよ」

 昨年12月10日午後5時ごろ、山本容疑者は宝塚市のマンションのエレベーター内で小学2年生の女子児童(8)に話し掛け、靴を脱がして両足の裏をくすぐり、スカートをめくってパンツの上から下半身を触り、スカート内を撮影した。防犯カメラの映像などから山本容疑者を特定し、今年2月に逮捕、起訴した。

「山本容疑者の家を捜索して...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年3月9日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。