NHK大河「いだてん」超低迷の原因は クドカンのスポーツへの愛情不足か

NHK大河「いだてん」超低迷の原因は クドカンのスポーツへの愛情不足か
NHK大河ドラマ「いだてん」(C)日刊ゲンダイ
 依然、低迷し続けるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。12日の第18話の視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。13回ヒトケタ記録を更新中だ。

 そもそも大河ファンは時代劇を楽しみにしているにもかかわらず、描いているのは近現代。日曜夜8時は時代劇の大河という視聴習慣の長年のファンは見限り「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)に流れたという声もある。

「視聴率低迷の元凶は志ん生を演じるビートたけし説、主役の中村勘九郎説がありますが、やはり脚本家の宮藤官九郎が問題なのでは。そもそもクドカンはスポーツを好きじゃないのでは、という気がします。週刊誌でエッセーを連載していますが、あまりスポーツの話は出てこないし、クドカン自身、汗と涙のスポーツからは最も遠いところにいるような……。テーマの五輪は本人の持ちこみ企画ということですが、スポーツへの愛情が感じられません」(テレビウオッチャー)

 スポーツに興味がないとしたら、企画そのものが間違っていたのだ。

 一方で、2020年の東京五輪を目前に控え、日本人と五輪の歴史を学びたい視聴者にとっても落語のシーンを含め、けれん味が強すぎる印象も。むしろ「古今亭志ん生物語」なら違和感が少ない気がしなくもない。

 今さら修正は不可能だろう。クドカンの失敗作として長く記憶に刻まれるのは間違いない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年5月19日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュース

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。