女優・姿月あさとさん「吉田類『酒場放浪記』の女版をやりたい」

女優・姿月あさとさん「吉田類『酒場放浪記』の女版をやりたい」
姿月あさとさん(提供写真)
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】

 元宝塚歌劇団のトップスター・姿月あさとさん(49)は、宝塚の下級生時代は酒席のカラオケで歌を磨き、退団後はいろんなお酒をたしなみ今はウイスキー通。夢は女版の吉田類を目指すこと?

  ◇  ◇  ◇

 宝塚歌劇団には打ち上げとか宴会があるから二十歳になると、お酒を飲んでもいいんです。私が在籍した花組は80人くらいいたので、大広間で宴会をやりました。その席で初めて飲んだお酒がビール。

 先輩たちにはけっこう飲まれる方がいらっしゃいましたが、「苦いなぁ、大人はごはんの前になんでこんなもの飲むんだろう」と思い、お鍋とかごはんにしか興味がありませんでした。でも、その後はすぐにいろんなお酒を飲むようになって(笑い)。

 まず桂花陳酒とか甘いお酒が好きになった。トム・クルーズの映画「カクテル」の影響もあったかもしれませんが、80年代は甘いカクテルが私たちの主流。その後はブランデーを「糖分が多くて、甘いお酒の部類かなぁ」と思っておいしく飲むようになりました。

 4~5年目までは寮暮らしで上級生の方達もいらしたから、寮の部屋で飲むことはなかったですね。部屋飲みは一人暮らしを始めてから。ヘネシー、VSOP、カミュとかのボトルを揃え、高級酒だからチビチビと(笑い)。梅酒も置いてましたよ。部屋に宝塚の友だちを呼んで飲むこともありますが、私は酔うと寝ちゃうタイプ。その頃は酔うとみんなで雑魚寝しましたね。

あわせて読みたい

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年5月20日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。