日テレ青木源太アナ 過剰な“ジャニーズ愛”でフリー転身説が急浮上

日テレ青木源太アナ 過剰な“ジャニーズ愛”でフリー転身説が急浮上
日本テレビ(C)日刊ゲンダイ
 この6月から社長が交代するなど体制が一新される日本テレビに厄介な問題が持ち上がっている。情報番組「バゲット」のメイン司会や常軌を逸した“ジャニーズ愛”などで最近、ジワリ、ジワリと好感度をアップさせている青木源太アナ(36)のフリー転身説が取り沙汰されているのだ。

「なんでも本人はかなり迷っているようです。某プロダクションのマネジャーは『年内中にフリー転身を発表し来年の3月には退社。そのまま、他局の番組MCに横滑り』と言って青木を口説いているようです。14年目にしてようやく局アナとしてブレークしたことで、少し舞い上がっているところをつけ込まれているんです」(関係者)

 青木アナといえば、人気、実力共に日テレ、いやテレビ界ナンバーワンアナウンサーと称される桝太一アナ(37)と同期。これまでも桝アナだけが注目されることに一人、焦っていたという。ところがここに来て青木アナを取り巻く環境は一変。業界ではポスト“桝アナ”との声も聞かれるようになったのだ。

「なんでも某大手芸能プロの社長から今なら最低でも5000万以上は堅いと吹き込まれたそうです。以来、青木アナはすっかりその気になっているようなんです。青木は以前から年収に対する不満があった。日テレは視聴率ナンバーワンなのに他局に比べると給料が低い。テレ東にも負けているんです。ちなみに現在、青木の年収は1000万弱とみられ、5倍になると言われて目の色が変わったようです」(放送作家

 最近、局の監視の目を盗んでは情報交換会と称して芸能プロ幹部らとの食事会を重ねているという青木アナ。当然だが日テレ関係者は青木アナを慰留しているという。

「青木は基本、お人よし。だから一度、人から頼まれるとなかなかノーとは言えないんです。そこをつけ込まれる。現在、旧知のスタッフや同僚アナらが必死になって説得しています」(日テレ関係者)

 青木アナはどちらの道を選択するのか――。

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年5月25日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。