山下智久が海外ドラマのメインキャストに抜擢、世界デビュー セリフは全編英語

記事まとめ

  • 山下智久が、Huluが参画する日欧共同製作ドラマ「THE HEAD」でメーンキャストを務めることが明らかになった。
  • 来年春配信の予定で、山下にとっての記念すべき世界デビュー作品のセリフは全編英語のようだ。
  • 来年以降、山下が活動拠点を米国に移すという情報が流れていると、日刊ゲンダイは報じている。

海外ドラマのメインキャストに抜擢 山下智久の気になる英語力は?

海外ドラマのメインキャストに抜擢 山下智久の気になる英語力は?
ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ
 俳優の山下智久(34)が、オンライン動画サービスHuluが参画する日欧共同製作ドラマ「THE HEAD」でメーンキャストを務めることが明らかになった。

 ドラマは辺境の地にある南極の科学研究基地が舞台で、極限状態に置かれた10人の越冬隊員たちが繰り広げるサバイバルミステリー。来年春配信の予定で、山下にとっての記念すべき世界デビュー作品。セリフは全編英語のようだ。

 同作の製作総指揮を務めるのはラン・テレム氏。今年6月から米国でシーズン8が始まった大ヒットドラマ「HOMELAND」シーズン1と3のエグゼクティブプロデューサーだ。テレム氏は同作で、テレビドラマ最高の作品に贈られる「エミー賞」作品賞の名誉を受けた名物プロデューサー。山下の出演は、このテレム氏の指名を受けて決まったそうだ。

 日本の有名な世界的俳優と言えば渡辺謙(59)だ。2003年公開の映画「ラストサムライ」では第76回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされ、15年には舞台「王様と私」で演劇の最高の名誉といわれるトニー賞のミュージカル部門の主演男優賞にノミネートされた。

「ラストサムライ」に出演する際に、渡辺がわざわざ渡米し、長期間にわたってマンツーマンの英会話トレーニングをした話は有名だが、海外志向が強い山下も10年ほど前から個人トレーナーと契約して語学力を磨いてきた。

■山下の語学力が注目されたアンジーのインタビュー

 その語学力がにわかに注目されたのは、5年前に映画「マレフィセント」のプロモーションで来日した女優アンジェリーナ・ジョリー(44)との通訳なしでのインタビュー。山下は、ボキャブラリーこそ少ないが、ひとつひとつの単語の発音が正確で、アンジーが質問を聞き返すシーンは一度もなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年6月21日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ゲーム・オブ・スローンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ゲーム・オブ・スローンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウォーキング・デッド」のニュース

次に読みたい関連記事「ウォーキング・デッド」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。