“芸人”ビートたけしが離婚をジョークに変えて一体何が悪い

“芸人”ビートたけしが離婚をジョークに変えて一体何が悪い
ビートたけし(C)日刊ゲンダイ
城下尊之【芸能界仕事術】

 ビートたけし(72)の離婚が大きな話題になった。この離婚に伴って、100億円とも200億円ともいわれる、たけしの資産の大半が元妻の幹子さんの方に財産分与で渡ったと報じられた。幹子さんは代理人の弁護士を通じてマスコミ各社に書面を送り、分与されたとされる数百億円という額を否定している。

 この数百億という言葉、今年1月に「離婚調停中」という報道に対し、たけし自身が「もう調停なんか終わってるよ。何百億も取られるんだ。後は判を押すだけ」とシャレ交じりに語ったことで出てきた話だ。確かに結婚して40年近く、あっという間に芸能界トップのタレントになり、“世界の北野”といわれる映画監督となって稼いできたのだから、そのトータルが数百億円というのは理解できる。

 だが、その収入は長らくオフィス北野という製作もやる事務所と、幹子さんが経営する会社と長男が経営する会社に分散される格好になっていて、たけしは月に数百万円の、いわゆる“小遣い”としてもらうお金でやってきたという。今回もたけしが出演する情報番組で「俺はお金がない。ないってことは、どっかにいってるんだから。前の事務所か、あっちか。(自分にあるのは)家だけ」と漫才のようなネタにしていた。

 これまでもらったお小遣いを合算し、全部持っていかれたという“意識”があっても仕方ないし、それをあえて笑いを交えて“ケムに巻いた”格好なのだ。

 僕は、離婚の報道直後に

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年6月22日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「島田紳助」のニュース

次に読みたい関連記事「島田紳助」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュース

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山本裕典」のニュース

次に読みたい関連記事「山本裕典」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。