松坂桃李と吉高由里子は“勝ち組” ドラマの成功を平均視聴率で読み解く

松坂桃李と吉高由里子は“勝ち組” ドラマの成功を平均視聴率で読み解く
松坂桃李(左)と吉高由里子(C)日刊ゲンダイ
 4月クールの連ドラでは、17日の最終回に視聴率13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した窪田正孝主演「ラジエーションハウス」(フジテレビ系)の健闘が光り、1話完結の医療モノの強さを改めて見せつけた。

 もっとも、いまどき面白ければ録画や配信でも見る人は、見る。「一般視聴者にとって数字はさほど意味を持たない」(テレビ誌ライター)し、それが作品の評価を表すものでもない。

 テレビコラムニストの亀井徳明氏が言う。

「見やすい1話完結モノではない作品は、たしかに、“リアルタイム視聴”に結び付きにくい。でも、数字上は苦戦しているように見えても、“失敗”とは言い切れないドラマもあります。初回視聴率と全話平均に注目すると、それが見えてきます」

 たとえば、25日に最終回を迎える松坂桃李主演の「パーフェクトワールド」(同)は初回6.9%で、平均6.29%。吉高由里子主演の「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は初回9.5%で、平均9.39%。初回と平均の差が1ポイント以内で、亀井徳明氏は「これは成功と言っていい」とこう続ける。

「初回の数字に比べて平均がマイナス2ポイント以上のドラマもある中で、差が1ポイント以内に収まっているのは、視聴者に『次回も見たい』と思わせる作りになっているということです。固定ファンが付く作品はネット上でも熱い書き込みが多く、数字以上に内容に対する評価が高い。スタッフも勇気づけられているはずです」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松坂桃李 ドラマ
  2. 松坂桃李 ラジオ
  3. 松坂桃李 映画
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年6月24日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「松坂桃李 + 映画」のおすすめ記事

「松坂桃李 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂桃李 + ドラマ」のおすすめ記事

「松坂桃李 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。