最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず
千葉の豊田氏はこれで落選危機?(桜田前五輪相が応援)(C)日刊ゲンダイ
 自民党は勝敗ラインを「与党で過半数」としている。非改選も含めれば53議席、含めなければ63議席で、3年前に70議席(自民56、公明14)を獲得していることを考えても“低すぎる”ハードルなのだが、安倍首相は本心では「自民単独で60議席以上」にこだわっているらしい。

「6年前は圧勝で、自民の改選議席は65です。そこから減らすのは仕方ないとしても、総裁4選の可能性を残すためには、今回、60議席以上取らないと本当の勝利とは言えない。安倍さんの求心力が低下してしまいます」(自民党ベテラン議員)

 もっとも、自民党が「60」に達するのはそう簡単じゃない。「比例が19議席と健闘した3年前でも56議席ですから、1勝5敗だった東北での上積みや複数区での全勝が必要」(自民党関係者)だという。日刊ゲンダイの予想は別表の通り54議席だ。

 自民は東北では山形と岩手がほぼアウト。秋田と宮城は劣勢だ。福島も大接戦で野党が追い上げている。青森も含め、投票率次第でどっちに転んでもおかしくない。

 複数区では東京と千葉が当落線上で、最終盤になって野党候補の追い上げが勝ってきている。2議席独占を狙った広島でも異変が起きているという。

「東京の2人目の武見敬三氏ですが、期日前投票の出口調査の結果が予想外に悪い。投票日当日の無党派層の票は入らないタイプの候補者ですから心配です。広島はベテランの溝手顕正氏が先行していたはずが、新人の河井案里氏が急伸し、野党候補を含めた三つ巴になっています。2議席独占は厳しいかもしれない」(前出の自民党関係者)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 アベノミクス
  2. 安倍晋三 ドナルド・トランプ
  3. 安倍晋三 ロシア
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年7月21日の政治記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 憲法改正」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 憲法改正」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。