13歳の少年から家康まで 地味系ジャニーズ風間俊介“変幻自在”の異能

13歳の少年から家康まで 地味系ジャニーズ風間俊介“変幻自在”の異能
ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ
 坊主頭で「僕、13歳です」と言われたなら、「うん、そうだろうな」と思えてしまう。だが、家族を連れて動物園で「いいパパ、してます」と言われたとしても、これまたうなずける。

 来年1月5日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、徳川家康を演じることが決まった風間俊介(36)の話だ。ジャニーズ事務所に所属する風間は驚くほどに童顔だが、決してそれだけが武器というわけじゃない俳優だ。

 風間は現在、テレビ朝日系の連ドラ「やすらぎの刻~道」に出演中。主人公は石坂浩二(78)が演じる脚本家の菊村栄だが、菊村が執筆する脚本がドラマ内で展開され、その劇中劇の主人公を演じているのが風間と、清野菜名(24)である。

「時代設定は昭和初期から始まっており、風間はこの役のために、人生で初めて坊主頭になった。この役にかける意気込みは並ではないともっぱらです」(テレビ局関係者)

 36歳にして13歳の少年を演じた風間に対し、ネット上の評価は〈普通に少年に見える〉などと上々。テレ朝系情報番組「ワイドスクランブル」のMC・大下容子アナも「まったく違和感がない」と感嘆の声を漏らしたほどだ。

「舞台では実年齢とかけ離れた役柄を演じるのは、よくあることですけれど」と、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう続ける。

「2017年にミュージカル『にんじん』で14歳の少年を演じた大竹しのぶさん(62)は、当時60歳でした。今年は

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年8月12日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。