吉右衛門休演の舞台 代役・幸四郎に歌舞伎役者の底力見たり

 9月の歌舞伎座は初代中村吉右衛門を顕彰する秀山祭。当代の吉右衛門が主宰しているが、16日から休演という事態になった(19日から復帰)。

 たまたま17日のチケットを買っていたので、吉右衛門が不在の舞台を見ることになった。代役は幸四郎と松緑で、これが予想以上に素晴らしい。

「沼津」は生き別れの父と息子が偶然に出会い、やがて父子だと分かる話で、年上の役者が息子、年下の役者が父親を演じることが多く、今月も、年長の吉右衛門が息子の十兵衛、年下の歌六が父の平作を演じていたが、幸四郎が十兵衛を代わった。

■3日だけの幻の初役で完璧なセリフ

 幸四郎はこれまで十兵衛を演じていないどころか、この芝居に出たこともないが、セリフは完璧だった。これは歌舞伎役者の底力だ。積み上げた技巧で若く見せていた吉右衛門とは違い、自然な十兵衛になり、前半の珍道中、中盤のミステリー的謎解き、最後の悲劇まで、意外の連続で変わっていく主人公の心情と幸四郎自身が、いきなりの代役で手探りで演じている感覚とが、奇跡的にうまくシンクロして、見事な舞台となった。ハプニングで得た役だが、当たり役となるだろう。

「寺子屋」は、吉右衛門が松王丸、武部蔵に幸四郎、千代に菊之助、戸浪に児太郎という配役だったが、松緑に代わった。松緑はこれまでも松王丸を演じたことはあるが、回数では源蔵のほうが多い。

 立派で偉そうな松王丸を見慣れているが、本来、この人は仕官先の選択を間違ったがために、ねじれた人生になってしまい、それを解決するには我が子を殺すしかないところに追い込まれた不遇な人なのだ。松緑は単純な英雄豪傑よりも不遇な人物の心情表現に長(た)けていて、松王丸のこうした面がひしひしと伝わった。

あわせて読みたい

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年9月20日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら