“逆輸入”女優・國元なつき「アメリカではチャンスが平等」

“逆輸入”女優・國元なつき「アメリカではチャンスが平等」
國元なつき(C)日刊ゲンダイ
 海外ドラマ通ならおなじみの女優だ。日本とハリウッドの両拠点で、着実に活躍の場を広げる國元なつき(39)。リドリー・スコットが製作総指揮を務める歴史的事実を基にしたホラーアンソロジードラマ「ザ・テラー」シーズン2の「インファミー」では、推定400歳の怨霊・チヨ役を演じ、話題を呼んだ。

 難役に挑んだ「インファミー」では複雑な思いを抱いたという。

「子供を完璧に育てることが幸せと思い込んだ母親が、結果的に娘を殺してしまう。チヨを演じるにあたって世間のニュースでみる光景と重なる部分がありました」

 海外作品では間違った“エセ日本”が描かれることもあるが、それは日本人の責任もあるという。

「海外で日本を題材として使ってくれることにまず感謝しています。彼らは入念なリサーチをしているので歴史的認識がズレていることはない。けれど、本やインターネットで調べられない感覚の部分で少し違和感を覚えることはありますよね。監督が描きたいイメージを壊さず、日本の視聴者が納得するかたちにするのは日本人の役者の仕事。そのためには自分で行って自分で直す、という行動を取りたいです」

 中3のころから海外文化に憧れ、18歳で単身渡米。英語と演劇を学びながらハリウッドを夢見る日々を送っていたが、父親の病気で2年ほどで帰国を余儀なくされた。その後も、渡辺謙のハリウッド進出を後押ししたことで知られる奈良橋陽子の演劇学校に通いながら、国内でオーディションを受け続け、映画「47RONIN」(2013年)で大石内蔵助(

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年10月10日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ウォーキング・デッド」のニュース

次に読みたい関連記事「ウォーキング・デッド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゲーム・オブ・スローンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ゲーム・オブ・スローンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら