TBS「グッとラック!」惨敗…立川志らくのMC起用が早すぎた

TBS「グッとラック!」惨敗…立川志らくのMC起用が早すぎた
毒舌が売りの立川志らくだが…(C)日刊ゲンダイ
【芸能界クロスロード】

 視聴率のカギを握るキャスティング。ハマれば賛辞され、外れたら非難の声が容赦なく飛ぶ。TBSは秋の衣替えとして前番組を一掃。新情報番組「グッとラック!」をスタート。落語家の立川志らく(56)をMCに起用したが、早くも起用に疑問の声が上がっている。

 初回放送は好奇心もあり視聴率は割り増しになるものだが、2・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と目を疑う数字。テレビ関係者は「他局も脅威に感じていなかったように、世間も最初から志らくの司会に関心を持っていなかったのでは」と分析する。その後も視聴率は回復せず。9日の放送では1・9%と危機的な状況。

 横並びのニュースになる情報番組の視聴率。カギを握るのは司会者とコメンテーター。個人的な好みは別として好感度や「なるほど」と感心する解説などの要素が絡み合って数字の伸びにつながる。最近は「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が安定してトップをキープ。出しゃばらず丁寧な羽鳥の司会は「安心して見ていられる」という。

 エンディングで「今日もご覧いただき、ありがとうございました」の何げない挨拶も好感度を上げている。「見ていただいた=買っていただいた」という視聴者をお客さまに見立てた発言。まさに、昭和の歌手・三波春夫の「お客さまは神様です」に通じるものがある。最近は昼の番組の司会をする安藤優子も見習ったかのように取り入れている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る 2019年10月17日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら