21年経ち再犯…槇原敬之容疑者またも覚醒剤逮捕の裏に警視庁の“執念”

21年経ち再犯…槇原敬之容疑者またも覚醒剤逮捕の裏に警視庁の“執念”
(槇原敬之容疑者のSNSから)
 ファンは悲鳴を上げている。

 歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50=東京都渋谷区)が13日午後、覚醒剤取締法違反などの疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕されたが、逮捕の裏には組対5課の“執念”があったようだ。

 逮捕容疑は2018年4月、当時住んでいた東京都港区のマンションで覚醒剤0.083グラムを所持した疑い。同年3月に同じマンションで危険ドラッグの「ラッシュ」を所持したとして、医薬品医療機器法違反容疑でも捕まっているが、認否は明らかになっていない。

「なぜそんな古い話が?という疑問が浮かびますが、同年3月には槇原容疑者のパートナーとして知られたA氏が覚醒剤取締法違反で逮捕されました。今回の逮捕劇にA氏が何らかの形で関与していたしても不思議ではありません」(捜査事情通)

 こうした見方が浮上するのも、槇原容疑者とA氏が切っても切れない関係だったためだ。過去に東京・新宿2丁目のゲイバー働いているA氏を槇原容疑者が見初めたことで、2人は交際をスタートさせた。1999年に薬物事件で一緒に逮捕されたことで一時“同棲”を解消したが、翌年からまた同居を再開。港区の湾岸エリアにあるマンションで暮らしていた。

 ところが、A氏が再び逮捕されたことで槇原容疑者は現在の渋谷区の一軒家に引っ越した。

 薬物にまみれたA氏との関係を清算するためとはいえ、“どんなときも”一緒だったA氏との関係を断ち切ったことで、槇原容疑者の寂しさはピークに達していたのかもしれない。

あわせて読みたい

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。