ナイナイ岡村隆史を崖っぷちから救った相方・矢部浩之の“リア充力”

ナイナイ岡村隆史を崖っぷちから救った相方・矢部浩之の“リア充力”
ナインティナインの矢部浩之(左)と岡村隆史(C)日刊ゲンダイ
 お笑いコンビナインティナイン」の岡村隆史(49)が、自身がパーソナリティーを務める4月23日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)の中で、「コロナが明けたら美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」と、発言したことへの批判は完全に収束したとは言い難い。岡村がMCを務めるNHK総合「チコちゃんに叱られる」の降板を求める署名運動を始める女性団体も出てきたほどで、騒動が拡大している印象すらある。

「放送翌日には岡村の発言がニュースになり、すぐにニッポン放送が謝罪しましたが岡村は沈黙したままでした。『まずは静観』ということでしょうが、この対応は闇営業問題の時と似ています。つまり、吉本興業も岡村も事の重大性をきちんと認識できていなかったのでしょう。本来であれば、すぐに釈明するなり謝罪すべきでした。それでも、この問題をすぐに収まることはなかったと思いますが、誠意を見せることはできたはずです」(芸能ライター・弘世一紀行氏)

 かつて、岡村は「M-1 グランプリ2018」で、審査員を務めた上沼恵美子(65)に対して、お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(40)とスーパーマラドーナの武智(41)が暴言を吐いた際、同番組で、「何回動画見てもあかんわ。何回見ても悲しくなる。これはあかんわって思った」と発言した。たとえ、その場の勢いでの失言だとしても、言葉の持つ力がマイナスに働いた時、どうなるのか。その後の対応をどうすべきなのか。闇営業問題にしても、初動を間違えればどうなるのか。岡村は重々分かっていたはずだ。

あわせて読みたい

岡村隆史のプロフィールを見る
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「岡村隆史 + 映画」のおすすめ記事

「岡村隆史 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「岡村隆史 + ぐるナイ」のおすすめ記事

「岡村隆史 + ぐるナイ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 岡村隆史 Instagram
  2. 岡村隆史 ぐるナイ
  3. 岡村隆史 めちゃイケ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。