日テレ系「極主夫道」主婦へのリスペクトを促す玉木宏の“キメ台詞”

日テレ系「極主夫道」主婦へのリスペクトを促す玉木宏の“キメ台詞”
元極道の専業主夫を好演(C)日刊ゲンダイ
       
【テレビ 見るべきものは!!】

 玉木宏、絶好調である。先月まで「竜の道」で復讐のために裏社会とつながる男、竜一を好演していたと思ったら、今度は「極主夫道」で元極道の専業主夫、龍になり切っている。竜の次は龍だ。

 大きな傷のあるコワモテ。薄いブラウンのサングラス。黒っぽいスーツ。そこまではまんまヤクザだが、エプロンを身に着けてのドス、いや包丁さばきは見事なものだ。「不死身の龍」と呼ばれたバリバリの武闘派と家事全般に秀でた「プロ主夫」のギャップが、ひたすらおかしい。

 所属していた「天雀会」の会長夫婦(竹中直人稲森いずみ)も舎弟(志尊淳)も龍の復帰を望んでいるが、本人には全くその気はない。

 ライバルだった「剛拳の虎」こと虎二郎(滝藤賢一)が出所してきた時も一触即発かと思いきや、互いにオリジナルのスイーツを作ってインスタに上げ、「いいね!」の数で勝負していた。

 また火竜町と水竜町、2つの婦人会が対立すれば、姐御(稲森)の力を借りて「喧嘩祭」を催す。主婦としての技を競い合わせることで、手打ちならぬ和解へと導いた。

 龍の口癖は「主夫ナメたら、あかんで!」。もちろん自分のことを指しているのだが、同時に黙々と家族を支えている「主婦」を敬え! と言っているようにも聞こえる。

 日曜の夜、新たな1週間に立ち向かう元気が湧く、「笑える極道ドラマ」だ。

(碓井広義/メディア文化評論家)

あわせて読みたい

玉木宏のプロフィールを見る
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「玉木宏 + 映画」のおすすめ記事

「玉木宏 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「玉木宏 + 木南晴夏」のおすすめ記事

「玉木宏 + 木南晴夏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 玉木宏 Instagram
  2. 玉木宏 ドラマ
  3. 玉木宏 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。