竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い
拡大する(全1枚)
竹野内豊(C)日刊ゲンダイ
 地上波GP帯の連続ドラマでいち早くスタートした竹野内豊(50)主演の「イチケイのカラス」(フジテレビ=月曜夜9時)。5日の世帯視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、好発進をみせた。

 これで“フジ月9”の2ケタ発進は2018年7月期の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」以来10期連続。一時は10話平均6%台にまで落ち込み、ブランド力を大きく落とした月9だが、看板枠として復活基調にある。

「“恋愛”を切り捨て、リアルタイムで見る層に受け入れられやすい医療や事件をベースにしたヒューマンドラマ路線に切り替えたのが、確かに数字につながっているようです」(広告代理店関係者)

「イチケイ」は、浅見理都氏による同名漫画を原作にした“東京地方裁判所第3支部第1刑事部”(通称イチケイ)の刑事裁判官の活躍を描くリーガルドラマ。主人公の高校中退で元弁護士という型破りな判事を竹野内、東大法学部卒のカタブツ判事を黒木華(31)が演じている。

 第1話放送終了後、ネット上には〈面白かった〉〈こんなドラマが見たかった〉と絶賛の声が多数ある一方で、〈音楽の入れ方や人物設定…何これ、キムタク&松たか子のHEROじゃん〉〈面白いけど、事件の解決が雑すぎる〉なんて指摘も。

「竹野内さんと黒木さんのキャラ設定、上司役の小日向文世さんの立ち回り、音楽の使い方など、『HERO』を思い出した人は多いでしょうね。でもそれこそが“狙い”だと思いますよ」

あわせて読みたい

竹野内豊のプロフィールを見る
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「竹野内豊」に関する記事

「竹野内豊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「竹野内豊」の記事

次に読みたい「竹野内豊」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 竹野内豊 ドラマ
  2. 竹野内豊 倉科カナ
  3. 竹野内豊 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。