本邦初の「超高齢妊娠出産ドラマ」の見どころと充実感

本邦初の「超高齢妊娠出産ドラマ」の見どころと充実感
拡大する(全1枚)
小日向文世(C)日刊ゲンダイ
【テレビ 見るべきものは!!】

NHKドラマ10「70才、初めて産みますセブンティウイザン。」

 ◇  ◇  ◇

 妻から「私、妊娠しました」と告げられた時、夫はどう答えるべきか。正解はもちろん、即座に「おめでとう!」だ。

 しかし夫が65歳で妻が70歳だったら、どうだろう。「70才、初めて産みますセブンティウイザン。」(NHK)である。

 定年退職したばかりの江月朝一(小日向文世)も戸惑った。妻の夕子(竹下景子)と結婚して40年。まさかの「おめでた」だが、夕子に産むことへの迷いはない。朝一も胎児のエコー画像を見て父親になろうと決意する。

 とはいえ周囲の反応はほとんど否定的。夕子はパート仲間に「生まれてくる子に無責任」となじられ、兄(竜雷太)からは縁を切ると脅される。

 これは本邦初の「超高齢妊娠出産ドラマ」だ。すべてが初体験の熟年夫婦には、喜びだけでなく不安もある。ママパパ教室で赤ちゃん人形の手に触れて、「この小さな手を私は守れるのか?」と自問する朝一。だが、暗くなったりはしない。いつまで子供を育てられるかなど心配は尽きないが、「子供には子供の未来がある」と腹をくくる。

 飄々とした生き方の奥に強さを秘めた朝一に、小日向がピッタリだ。また命懸けの出産に挑む超高齢妊婦をたんたんと、ごく自然に演じている竹下もいい。シーンによっては、2人の舞台劇を見るような充実感がある。

 今週金曜が全3話のラスト。「奇跡の赤ちゃん」にも会えそうだ。

(碓井広義/メディア文化評論家)

あわせて読みたい

小日向文世のプロフィールを見る
日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小日向文世」に関する記事

「小日向文世」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小日向文世」の記事

次に読みたい「小日向文世」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 小日向文世 ドラマ
  2. 小日向文世 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。