カジノ反対”ハマのドン” 横浜市長選挙控えいよいよ政治活動へ

カジノ反対”ハマのドン” 横浜市長選挙控えいよいよ政治活動へ
拡大する(全1枚)
藤木幸夫氏(C)日刊ゲンダイ
「あの人(菅義偉総理)は旅人なんだよ。横浜で生まれて横浜で育っても旅人みたいな人いるけど。俺なんか村人だから。責任もたなきゃだめだよ。旅人は4年間の任期をやればいいとか。10年間いればいいとか。本社の命令でどこかいけばいいとか。そんなこととは違う。旅人は旅人でいなさいって。だから横浜のことで余計なこと言うなって」

 4月19日、一般社団法人横浜港ハーバーリゾート協会が初めての全体集会を開き、会長である藤木幸夫会長(藤木企業取締役会長)が物騒な発言も含めて強烈に菅首相や林文子・横浜市長(74)を批判しまくった。

「衆議院議員で横浜から出る人でカジノ賛成だなんて人は殺したいよ」とまで言った藤木会長は今年90歳だが、ミナトヨコハマの象徴でもある横浜港運協会会長を長らく務め、政財界に広がる人脈と影響力から”ハマのドン”とも呼ばれている。ただし「情理に厚い」という信条から、カジノ誘致に反対はしても、特定政治家への発言などは取材陣にしつこく聞かれてもかわしてきたし、あくまでも「個人のケンカ」という立場をとってきた。

 しかし、長年の関係がある菅首相や林文子市長が藤木氏らになんの説明もなく山下ふ頭でのカジノ建設を推進。これに対し、藤木氏ら港湾人は山下ふ頭は港湾人の聖地であると、反対し代替案を提示している。

 また、カジノについてはその後は政治状況も変わり、日本政府が推進する意味もほぼ消滅。そもそも日本のカジノ誘致は米国の意向といわれてきた。それもトランプ大統領のスポンサーであるラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長の意向である。しかしアデルソン氏は昨年5月13日に日本進出を断念し、今年1月に死去。トランプ氏も昨年大統領選に落選。日本は米国にハシゴを外された状況になっている。

あわせて読みたい

日刊ゲンダイDIGITALの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「選挙」に関する記事

「選挙」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「選挙」の記事

次に読みたい「選挙」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。