ヒップホップが爆発的に広がった2つの理由

第3回は、現地のMTVでもブラックミュージックのMVがどんどんかかるようになった80年代半ば以降のお話。儲かるとわかってからは、MTVが積極的にかけたヒップホップ。中でも、とある番組が、人気を後押ししたそう。そして、ヒップホップの作り手側にも変化があったようです。
(写真:岡本大輔 構成:幻冬舎plus編集部)

ホワイトマーケットにもアプローチしたRun-D.M.Cの「Rock Box」

Kダブ  それで、MTVが80年代半ば以降、どう変わっていくかの話になります。マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」(1982)、「Beat It」(1982)、「Thriller」(1982)で味をしめて、MTVでかかるMVは、他のアーティストもみんな並んで踊るようになっていた。シンディ・ローパーもそうだし、パット・ベネターとかも踊ってたじゃないですか。

横川  踊ってた踊ってた。

シンディ・ローパー「Girls Just Want to Have Fun」(1983)。女の子はただ楽しみたいだけ…懐かしく、かわいすぎるシンディ・ローパー。

Kダブ でしょ。5~6人後ろで踊りながら。それはもう、踊るのが新しいスタンダードになったんじゃないですかね。それにプリンスも普通にかかるようになった。

アメリカの音楽シーンでも、MTVというフォーマットで、白人ではなくて、黒人だったりラテン系だったりのアーティストが少しずつかかるようになった。それが1982年~84年ぐらい。


あわせて読みたい

幻冬舎plusの記事をもっと見る 2019年5月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。