正体不明の「暗黒物質」が人類誕生のカギを握っていた

宇宙の質量の27%を占めている「暗黒物質」(ダークマター)。この空気中にも大量に存在しているが、一切の光、電波を発しないため、見ることすらできない。だが、暗黒物質がなければ、地球も人類も生まれることはなかった。まさに暗黒物質こそが、宇宙創生のカギを握る……。そんな謎の物質に迫った一冊が、『暗黒物質とは何か』だ。研究の最前線に立つ著者の、最新の知見が盛りだくさんの本書から、一部を抜粋してお届けします。

*   *   *

「ゆらぎ」がすべてを創造した

COBEの観測結果を、さらに高い精度で裏付けたのが、WMAP、そしてプランクの観測でした。では、この宇宙背景輻射のゆらぎは、暗黒物質と何の関係があるのでしょうか。

(写真:iStock.com/Svisio)

ビッグバンに由来するマイクロ波のゆらぎは、宇宙全体の構造と深く関わっていると考えられています。というのも、マイクロ波のゆらぎは宇宙開闢38万年後の光のゆらぎであり、そのゆらぎを生んだのは物質の「濃淡」にほかなりません。

もしビッグバンの時点でその濃淡がなく、物質が均等に分布していたら、宇宙には現在のような構造──星や銀河や銀河団──は生まれなかったでしょう。

星は、質量を持つ物質が一定の領域に集まらなければできあがりません。ビッグバンの時点で物質の分布に濃淡があったからこそ、その濃い部分に星ができたのです。

そうでなければ、宇宙は現在にいたるまで構造を持たず、まんべんなく原子がちらばっているだけの空間になっていたはずです。もちろん生命体など生まれるはずもなく、私たち人類も存在していません。その意味で、宇宙開闢38万年後に生じた物質のゆらぎは、私たち自身の根源に関わる重大事です。


あわせて読みたい

幻冬舎plusの記事をもっと見る 2019年5月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。