巨人・上原引退への違和感

巨人の上原浩治投手(44)は5月20日の引退記者会見で、顔をクシャクシャにして泣いた。

通算成績は日本で112勝67敗、33セーブ、防御率3.02。米大リーグでは22勝26敗、95セーブ、防御率2.66。直球はさほどスピードがないものの、フォークボール(スプリット)などの多彩な変化球とコントロールで10年間メジャーの救援投手として活躍し、日米通算100勝・100セーブ・100ホールドの実績を残したのは立派だった。

しかし今年は一軍の登板がなく、二軍でも9試合で防御率4.00と打ち込まれて21年間の現役生活に限界を感じた。記者会見でも「二軍戦で通用しなかったことで、気持ちが後ろ向きになった」と告白したが、私にいわせれば、二軍で打たれて初めて限界を知ったというのは遅い。昨年10年ぶりに日本球界に復帰したが、メジャーで戦力外になったときに引退すべきだった。

昨年オフに左ヒザを手術し、一度自由契約になったところを原巨人に再契約してもらったのだから、泣くことはない。

上原は「アマチュアでプロ野球に入っていく子を育ててみたい気持ちはある」と第二の人生について語ったが、ここで「人間は年齢とともに体力が衰えるという自然の摂理には勝てなかった。やはりいつまでも現役にこだわるより、後輩を育てることに価値があることに気がついた」といえばりっぱだった。最年長選手がこういえば、ほかの“限界選手”たちも気がつくだろう。


あわせて読みたい

幻冬舎plusの記事をもっと見る 2019年5月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。