2019年5月23日 ドクターUFO

「大麻は二人のもの」「大麻は私のもの」何か並べていたら、歌の歌詞みたいに思えてきました。デジャヴュでしょうか? 「一人はみんなのために、みんなは一人のために~」そんな歌詞を思い出してしまいました。

「入口出口田口です」というフレーズがありましたが、大麻はゲートウェイドラッグ、入口のドラッグと呼ばれているのにも不思議なものを感じます。

日本では違法なので、ライブが中止になったり大変ですが、償われてまた何かの形で復活されることを祈っています。

私はCBDオイルなど合法の大麻から抽出されたオイルやバームは持っているのですが、スピリチュアル的に大麻は悪くないんじゃないの? と思っていたのですが、どうやら違うようです。

友人が、あるスピリチュアルヒーラーの方に聞いたそうですが、人間のアストラル体を傷つけるもののうち、かなりダメージが大きいものが二つあって、それは、ドラッグと騒音だそうです。ドラッグはもちろん大麻も入ります。騒音に関しては、その友人は仕事であるインターナショナルスクールに行ったところ、ほぼ学級崩壊で、生徒の子どもたちが皆叫んでいたそうです。その叫び声の中に一時間ほどいたら、その後数週間頭痛が続き、大きな音がダメになってしまったとか。映画館にも入れないしざわついている喫茶店も行けないそうで気の毒です。そのくらい騒音のダメージは大きいようです。

ドラッグが危険というスピ説は、私も以前聞いたことがあり、ドラッグをやった人はチャクラやオーラに穴があいてボロボロになっているとのことでした。まあ、それがダメージデニムみたいでかっこいいという価値観もありますが……。


あわせて読みたい

幻冬舎plusの記事をもっと見る 2019年5月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。