【中年名車図鑑|初代ホンダ・レジェンド】80年代後半、F-1で活躍するホンダが作り上げた“伝説”

【中年名車図鑑|初代ホンダ・レジェンド】80年代後半、F-1で活躍するホンダが作り上げた“伝説”

東京の南青山に新しい本社ビルが完成した1985年、本田技研工業は設定車種の拡大を目指して2台の重要なニューモデルを発表する。1台は約11年ぶりの新型軽自動車となる「トゥデイ」。そしてもう1台が、フラッグシップに位置する高級乗用車の「レジェンド」だった──。今回は“静かなる走りの余韻”を謳ってデビューしたHONDAブランド初のアッパーミドルサルーン、初代レジェンド(1985~1990年)の話題で一席。

【中年名車図鑑|初代ホンダ・レジェンド】80年代後半、F-1で活躍するホンダが作り上げた“伝説”


【Vol.88 初代ホンダ・レジェンド】

本田技研工業は1979年12月に英国の自動車メーカーのブリティッシュ・レイランド(BL。後のローバー・グループ)社と技術および業務提携を結ぶ。最大の目的は、欧州における4輪車の生産と物流拠点の構築にあった。さらに、1980年代に入ると提携関係はいっそう発展。ホンダ車のライセンス生産技術供与(ホンダ・バラードをトライアンフ・アクレイムとして生産)や新型車の共同開発などを締結していった。

■高級乗用車を英国BLと共同開発

【中年名車図鑑|初代ホンダ・レジェンド】80年代後半、F-1で活躍するホンダが作り上げた“伝説”
1985年にデビューした初代レジェンド。のちにローバー・グループとなるブリティッシュ・レイランド社との共同開発で生まれた

新型車のメインプロジェクトとしては、2社による高級乗用車の開発が鋭意推し進められる。ホンダとしては初のエグゼクティブカー、BLとしてはローバーSD1の後継モデルとなる新しい高級サルーンは、開発コンセプトに「第一級のポテンシャルと、人間感覚を包み込んだ快適さの実現」を標榜。これを達成するために、最新技術の導入はもちろんのこと“高級とは何か”という概念を徹底して練り込んだ。


あわせて読みたい

GetNavi webの記事をもっと見る 2018年10月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら