【保存版】「鉄道写真」上達を目指すなら「LED表示器」にこだわりたい! 代表的車両の傾向と対策

【保存版】「鉄道写真」上達を目指すなら「LED表示器」にこだわりたい! 代表的車両の傾向と対策

おもしろ鉄道の世界~~撮影に必要なLED表示器の基礎知識2~~

通勤形の電車に今や欠かせなくなりつつある「LED表示器」。カラー化され、文字はくっきり、色も鮮やか。電車の行先を表示するだけでなく、花の絵入りの表示器が登場するなど華やかになりつつある。そんなLED表示器ではあるものの、写真を撮ろうという鉄道ファンには、やや厄介な存在にもなっている。

【保存版】「鉄道写真」上達を目指すなら「LED表示器」にこだわりたい! 代表的車両の傾向と対策

上手く撮れた! と思ったら正面に表示される文字がまったく撮れていない……という経験をお持ちの方も多いだろう。今回は、鉄道会社、鉄道車両で異なるLED表示器の傾向と対策を探ってみた。インスタ映えする鉄道の写真を撮りたいと思っている方にも役立てていただきたい。

【保存版】「鉄道写真」上達を目指すなら「LED表示器」にこだわりたい! 代表的車両の傾向と対策
↑JR山手線のE235系電車を200分の1のシャッター速度で撮影。後ろのカラーLED表示器には季節に合わせススキなどの草花のイラストが表示され、利用者を楽しませている

【LED表示器の基本】まずシャッター速度に注目することが必要

LED表示器、とくにカラーLED表示器の仕組みは前回の記事でご紹介した。

【関連記事】見慣れた表示がいつのまにか変化していた!? 鉄道車両に欠かせない「カラーLED表示器」の今を追う

前回の記事を要約すると、LED表示器自体は約20年以上前に登場し、3色LED表示器からカラーLED表示器と進化して、文字もより見やすく美しくなっている。LED表示器は1秒の何100分の1という短い時間にヨコの行ごと(タテ列ごとに行う表示器もあり)に「点灯」と「消灯」を順番にくりかえしている。つまり、すべてのLED素子が一斉に点灯しているわけではないのだ。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。