【中年名車図鑑|2代目 ホンダ・シティ】トールボーイから一転。低重心&軽量化の2代目が活躍した意外なシーンとは?

【中年名車図鑑|2代目 ホンダ・シティ】トールボーイから一転。低重心&軽量化の2代目が活躍した意外なシーンとは?

トールボーイの画期的なスタイルで一大ブームを巻き起こした初代シティ。その全面改良を企画するに当たり、開発陣は大胆な方針転換を敢行する――。今回は同じ車名のクルマとは思えないほどの変身ぶりをみせ、ロースタンスに生まれ変わった2代目シティ(1986~1994年)の話題で一席。

【中年名車図鑑|2代目 ホンダ・シティ】トールボーイから一転。低重心&軽量化の2代目が活躍した意外なシーンとは?


【Vol.99 2代目 ホンダ・シティ】

1981年10月に“トールボーイ”スタイルで華々しくデビューした初代シティ(AA型)。高くて広い室内空間を内包した独特のルックスは、若者層を中心に大人気を博した。ヒット作のフルモデルチェンジは、あまり基本コンセプトを変えない――そんな業界の定説に対し、本田技研工業のエンジニアは大胆な勝負、すなわちマーケットインではなくプロダクトアウトの方策に打って出る。具体的には、高性能と感性の領域を高次元で融合させる“ヒューマンフィッティングテクノロジー”を開発テーマに掲げ、80年代後半のユーザーに適する新しいカタチのコンパクトカーを創出しようとしたのだ。

【中年名車図鑑|2代目 ホンダ・シティ】トールボーイから一転。低重心&軽量化の2代目が活躍した意外なシーンとは?

新世代コンパクトカーの姿を決めるにあたり、開発陣は①動力性能、走行性能、経済性など機能、効率の徹底追求②運転する人の感覚を尊重し、感性の領域まで満たすクルマづくり、という2つの課題を提示する。その結果で得られたスタイリングは、ロー&ワイドの低重心フォルムにロングホイールベース(従来比+180mmの2400mm)を組み合わせた、初代とは全く異なる車両デザインだった。ただし本田技研工業にとって、このアプローチ方法は未知の設計ではなかった。初代トゥデイや3代目“ワンダー”シビック、3代目アコードなどの開発で培った低重心フォルムの優位性を明確に把握し、絶対の自信を持っていたのである。


あわせて読みたい

GetNavi webの記事をもっと見る 2018年12月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。