クラフトビールのすそ野が広まるワケ。その立役者「タップマルシェ」の現在地とは?

クラフトビールのすそ野が広まるワケ。その立役者「タップマルシェ」の現在地とは?

クラフトビールの認知が少しずつ広まる昨今。このムーブメントの拡大に、外食シーンで期待されているのがキリンの「Tap Marché」(タップマルシェ)です。これは、お店が気軽にクラフトビールを提供できるようにしたサーバーのことなのですが、本稿では改めてその現在地や、クラフトビール市場の状況などを紹介したいと思います。


開始2年で全国7000店に設置されている

タップマルシェの展開が始まったのは2017年4月。当初は首都圏一都三県でスタートし、2018年3月より全国へ。その累計は設置店舗数が7000を突破し、2019年は1万3000店を目指して拡大を続けています。

クラフトビールのすそ野が広まるワケ。その立役者「タップマルシェ」の現在地とは?
↑これがタップマルシェ。写真の4種を提供できるタイプと、2種のコンパクトサイズがあり、カラーパターンは7色あります
クラフトビールのすそ野が広まるワケ。その立役者「タップマルシェ」の現在地とは?
↑機械もボトル(重い樽ではなく3Lのボトル)もコンパクトなので、お酒がメインでなくても設置できる点がお店にとってのメリット。写真は恵比寿のそうめん専門店「そそそ」

設置店舗の数と同じように拡大しているのが、取り扱い銘柄。こちらは当初8種類からスタートしましたが、加盟するブルワリーと併せて商品数も増え、2019年3月時点で24種類に。

クラフトビールのすそ野が広まるワケ。その立役者「タップマルシェ」の現在地とは?
↑2018年の初夏に仲間入りしたのが伊勢角屋麦酒(鈴木成宗代表/写真左)とFar Yeast Brewing(山田司朗代表/写真中央左)。中央右は常陸野ネストビールの谷幸治製造長、右はキリンビールの山田精二企画部部長

あわせて読みたい

気になるキーワード

GetNavi webの記事をもっと見る 2019年4月1日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「カフェ」のニュース

次に読みたい関連記事「カフェ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。